11万の瞳を浴びるきみへ

赤いペンライトの波に囲まれて、スポットライトを全身に受けて、それでもなお、彼らは彼ら自身の光を放っていた。それは、すべての力を使い切る直前の輝きだったのだろう。だからこそ、彼らには「充電」が必要だったのだ。 最初に断っておくが、私は少なくともあの東京ドーム公演が行われた日には、KAT-TUN担ではなかった…